女性は出産した後のホルモンバランスの変化や更年期障害、加齢などいろいろな理由で膣分泌量が減っていくというのを知っているでしょうか。
これが原因で性行為をしても満足出来ないという不感症の女性がたくさんいます。
悩みを解消したいなら女性用バイアグラのラブグラがオススメです。

ラブグラはインドのアジャンタファーマ社が開発したウーメラのジェネリック医薬品です。
ウーメラと同じ有効成分のシルデナフィルクエン酸塩が配合されています。
この成分にはPDE-5を妨げる効果があるので、女性器周辺の血流改善の効果があります。
ですので、膣分泌液の量が増えて性的欲求低下障害を改善出来るのです。

ラブグラは腸から吸収されるので空腹時に服用するのが良いです。食事やアルコールの影響を受けやすいので気を付けないといけません。
性行為をする1時間前ぐらいに水かぬるま湯で飲みましょう。効果は4時間から5時間ほど続きます。ラブグラは1日100mgが上限です。
次に服用する時は24時間以上は時間を空けないといけません。

主な副作用は頭痛やめまい、動悸などです。併用禁止薬があるので事前に調べる事が大切です。
ラブグラはアルコール以外にもカフェインとの相性が良くありません。
カフェインは血中濃度を上昇させる効果があるので、ラブグラの効き目が強くなる可能性があります。

保管する時は直射日光が当たらない場所にしましょう。湿気にも気を付けて出来るだけ涼しい場所に保管するのが良いです。
絶対にペットや小児の手の届く場所には保管してはいけません。

女性用バイアグラにはフリバンセリンが含まれている治療薬もあります。フリバンセリンは脳内に働きかけて性欲を増進させてくれます。
フリバンセリンは脳内の神経伝達物質のドーパミン・ノルアドレナリン・セロトニンのバランスを変化させる効果があります。
この成分が含まれている女性用バイアグラは、特に閉経前・更年期障害前の女性に高い効果を発揮すると言われています。

フリバンセリンも女性向けの作用が働く

女性用バイアグラにはラブグラがありますが、不感症対策としてフリバンセリンも効果があります。
フリバンセリンはジェネリック医薬品で、閉経前の性的欲求低下障害に該当する女性を被験者に対して薬の検証が行われています。
検査の結果として服用した40%近い女性に対し性欲増進効果が現れました。

フリバンセリンの使用方法は1日1回毎晩服用します。
男性用ED治療薬と違って行為前といった限定使用ではなく、毎晩しっかりと服用することによって不感症などを改善することが可能です。
性的欲求低下障害に悩んでいる女性のために開発された薬で、特に閉経前や更年期障害前の女性に向いています。
服用することによって神経伝達物質に作用し、膣分泌液が増えたり性器付近の血流改善効果もあります。

パートナーとのスキンシップの回数が減ることでパートナーとの関係が悪くなる可能性もあり、自分の不感症などの悩んでいる人は多くいると言われています。
ラブグラと同じくフリバンセリンは女性用バイアグラということで世界中で人気があり、女性の性的欲求低下障害対して効果的な薬としてアメリカで認可されている有名な治療薬です。

尚、フリバンセリンを服用したからといって、すぐに絶頂に達するわけではなく、あくまで補助剤的な扱いになるので注意しましょう。
フリバンセリンなどの女性用バイアグラを購入するのに恥ずかしさを感じる人もいますが、インターネットを利用して個人輸入代行サイトなどを利用すると便利です。
いろいろな種類やジェネリック医薬品を扱っている薬剤サイトが多くあるので、比較的リーズナブルな価格で女性用バイアグラを注文することができます。
プライベート梱包サービスを利用できるので周囲の人にもばれないでしょう。