レビトラはED治療薬としては、後発医薬品に当たることから、様々な改良が加えられています。
その中でも即効性という点では類を見ない特性を携えています。
これは、レビトラの有効成分バルデナフィルが高い水溶性を持っているためで、個人差はありますが早い人であれば20分後、平均でも30分後には効果が現れます。
また、食事の影響も受けにくく700kal程度であれば直後に服用しても効果は半減しません。

副作用については、バルデナフィルの血管拡張作用の影響で、頭痛、顔や身体の火照り、鼻づまり、胃痛、目の充血、動悸といった症状が発生しますが、いずれも健康体であれば軽微なものばかりで大きな問題はありません。
ただし、心臓病や糖尿病、腎不全の疾患がある人は併用禁止役を使用している可能性もありますから注意が必要です。

バルデナフィルの容量には5mg、10mg、20mgの3種類がありますが、一般的には10mgもしくは20mgが使用されます。
その価格は20mgのもので1500円前後ですから決して安価な医薬品ではありません。
そのためジェネリック医薬品を求める声が多くありますが、特許の有効期間が残っているため正規に製造することはできません。
ただし、インドにおいては正規のジェネリック医薬品を製造販売することが認められており、バリフはレビトラのジェネリック医薬品として高い人気を誇っています。

その理由はインドの特許制度にあります。
本来、特許は原材料と製法の2種類があり、両方とも有効期間が設けられていますが、インドでは原材料にかかる特許の有効期間が切れていれば、製法を変えることでジェネリック医薬品の製造が認可されます。
したがって、インド製のバリフは正規のジェネリック医薬品であり何ら問題はありません。

気になるのがバリフの効果や副作用ですが、基本的にバルデナフィルを有効成分として使用していますから、製法は異なれど効果や副作用に大きな差はありません。
その上、価格については20mgが1錠あたり300円から500円ですから、非常にリーズナブルに入手できることは大きなメリットです。

最近は医薬品の通販サイトも数多くあり、もちろんバリフも販売されています。ジェネリック医薬品であることから価格が安いのは当然ですが、それでも相場から大きく外れない範囲でバリフの最安値を見極めるのはいかがでしょうか?こちらのリンク先にあるあんしん通販薬局では非常に安くバリフを販売していますので、購入を考えている方は確認してみるのも良いでしょう。

レビトラのジェネリックを選ぶ利点もある

レビトラは世界中で人気の高いED治療薬で、たくさんの人に愛用されています。
正規品の値段はそれほど安くないので、継続して購入することに負担を感じている人もいるでしょう。
レビトラにはさまざまなジェネリック医薬品があり、かなりリーズナブルな価格で購入することが可能です。

レビトラのジェネリック医薬品には例えばバリフなどがあり、いろいろな後発医薬品が発売されています。
レビトラと同じ有効成分であるバルデナフィルが配合されていて、純正のもの同じの効果を期待できるでしょう。
レビトラのジェネリックは海外で特許や認可を受けているので安心して利用することができ、レビトラのメリットである即効性も備わっています。

食事をしてもその効果に影響がなく、そのまま長所を引き継いでいます。
ジェネリック医薬品にはもちろん副作用もあり、服用する際は使用上の注意をきちんと確認してから飲むことをおすすめします。
レビトラのジェネリック医薬品はジェネリックの特徴でもある価格の安さが魅力で、通常価格の1/5ぐらいの価格で購入することができるでしょう。

さらにコストを下げるのにインターネットを利用して個人輸入代行サイトを利用すると、かなりリーズナブルな価格で購入することが可能です。
サイトによってセット価格を利用できたりキャンペーンやプレゼントなどのサービスを提供しているところがあるので、比較検討することによってかなりコストを抑えることができます。
通常中身が分からないプライベート梱包で郵送されるシステムになっていて、家族や配送業者の人にもばれることはありません。
スピーディに郵送してくれるので効率良く注文することができたり、備えとして保管している人もいます。